婚活のリアル【年収編】

 

さて今回は、婚活中の皆さんの最も気になるポイントの一つである男性の【年収】のリアルについてです。

 

 

 

結婚相手の年収。

みなさんそれぞれに理想があると思います。私ももちろんあります。

でも正直、自分の抱いている理想が高望みなのかどうかも良くわからない…そんな方も少なくないと思います。

 

そこでこれから、東京に住む男性が実際どのくらいの年収をもらっているのか、その割合はどのくらいなのか等の調査結果を発表いたしますので、様々な点からお相手の年収について考えていただき、今後の婚活に役立てていただきたいと思います。

 

 

日本全国の男性の平均年収

 

まず、日本全体における男性の平均年収を年代別に見ていきましょう。

 

  • 20~24歳:271万円
  • 25~29歳:383万円
  • 30~34歳:451万円
  • 35~39歳:410万円
  • 40~44歳:567万円
  • 45~49歳:626万円
  • 50~54歳:670万円
  • 55~59歳:652万円

・全体平均521万(ちなみに女性の平均年収276万円)

平均月収:35万円

 

 

東京の男性の平均年収

 

次に東京の男性の平均年収が以下になります。

 

  • 20~24歳:326万円
  • 25~29歳:431万円
  • 30~34歳:508万円
  • 35~39歳:601万円
  • 40~44歳:667万円
  • 45~49歳:768万円
  • 50~54歳:818万円
  • 55~59歳:785万円

・平均:623万円(年収中央値:572万円)

平均月収:41万円

 

結果を見てわかる通り、やはり全国平均に比べて東京の平均年収は圧倒的に高いですね。

 

しかし、東京では平均所得以下の人が61.5%、平均所得以上の人が38.5%という結果もでています。

これは「平均より稼いでいない人の方が約1.6倍多く存在する」ということです。

 

逆に考えると、平均より稼いでいる人を探すのは大変だけどその人は平均よりかなり稼いでいるということになりますね。

 

 

そして、婚活のリアルとして知っておいて頂きたいのは、

婚活中の女性の4割以上が男性の年収500万円以上を望んでいますが、

35歳男性の6割は年収500万円以下

ということです。

 

35歳というのは結婚適齢期の男性という点でピックアップした年齢ではありますが、この事実…

いろいろ考えなおせそうですね。

 

 

 

 

結婚相談所に登録している男性の年収ランキング

 

そんな中、ある大手結婚相談所に登録している男性の年収ランキングは以下になります。

 

  • 1位:年収400〜600万円 38%
  • 2位:年収600~800万円 36%
  • 3位:年収800~1000万円 13%

 

我々icon-OMOTESANDO-も加盟しているこちらの結婚相談所では、全体の約6割の男性が600万円以上の年収をお持ちであるという結果です。水準としては非常に高いと思います。

そして、男性目線で考えると、年収が500万円を超えている方から女性のお見合い申し受け率が急増するという統計もでています。

そのため、年収500万円以上の男性を望む女性の方も、年収500万円以上ある男性の方も、結婚相談所での婚活がかなり効率的ということになると思います。

 

 

 

日本全国で年収1000万円以上の方の割合ランキング

 

続いて、憧れの年収1000万円以上の男性がどのくらい存在するのか、というリアルについて。

 

  • 年収1,000万~1,500万:5.0%(1,414000人)
  • 年収1,500万~2,000万:1.1%(302000人)
  • 年収2,000万~2,500万:0.3%(92000人)
  • 年収2,500万以上:0.4%(109000人)

 

このようになりました。

この結果を合算すると、日本全国で年収1000万円以上の給与をもらっている人の割合は働いている男性の約6.8%、人数は約1,917000人となります。

いかがですか?

想像していたより多かったでしょうか?少なかったでしょうか?

(ただしこちらは日本全国での割合ですので、東京だけに限って考えると割合としてはもっと増えるかと思います。)

 

 

市区別ランキング

 

さて続いては、首都圏で年収1000万以上の世帯割合を区、または市毎に割り出したランキングです。

 

  • 東京都港区26.5%
  • 東京都千代田区23.9%
  • 横浜市青葉区21.5%
  • 東京都中央区21.2%
  • 横浜市都筑区18%
  • 東京都渋谷区17.1%
  • 東京都文京区16.9%
  • 東京都世田谷区16.6%
  • 東京都目黒区16.3%
  • 千葉県浦安市15.6%

 

このような結果になりました。

なんと、港区には約4人に1人の割合で年収1000万円以上の男性が存在するということになります。日本全国で考えると驚異的な割合です。

高額所得者が多いイメージはもちろんありましたが、ここまで顕著なのかと正直わたしはすごく驚きました。

さすが港区…!

 

 

 

今回の年収に関する調査結果はひとまずここまでです。

 

いかがでしたでしょうか。

 

現実はこのようになっています。

 

全国平均や東京の平均を見て、裾野を広げてみるもよし、よりシャープに活動していくもよし。

 

リアルな数字を知っておけば、お相手の探し方や見る目も変わってくるかと思います。

少しでも皆さんの婚活の役に立てたら幸いです。

 

もちろん年収が全てではありませんが、生きていくためには絶対に必要なものです。

理想と現実をしっかりと見極めながら賢く婚活していきましょう!